TEL:03-5482-2101

〒146-0092 東京都大田区 下丸子2-14-3
株式会社三美テックス

2013年納入事例・実績

ポリ缶3種兼用 自動充填・蓋締設備

ポリ缶3種兼用 自動充填・蓋締設備

■ポリ容器3種兼用自動充填・蓋締設備

  • 容器振り分け装置により、2ラインで充填と蓋締めを行います。
  • 1ユニットのサービスホッパーと選別フィーダにて樹脂キャップの表裏判別と切出しを行います。

ターンテーブルから空容器供給→空容器振り分け→大充填・小充填→パーツフィーダで蓋供給→蓋締め(トルク管理)→ロットナンバー印字→ターンテーブルに容器ストック

 

1㎥マキシコンテナ・  ドラム4本掛充填設備

1㎥マキシコンテナ・
 ドラム4本掛充填設備

■1㎥マキシコンテナ・ドラム4本掛充填設備

 

  • 充填ノズルが充填量を計測しながら、内袋の広がりに合わせて段階的に上昇させます。充填ノズル上昇量と重量値の相関は任意設定ができます。
  • 充填バルブにはハンドリンク装置を付帯しており、ロックボタンを外すと平面方向の位置をハンドル操作で自由に移動が可能です。

充填ノズル旋回→大充填(スタート押)→ロングノズル重量追随上昇→小充填→計量完了(管理判定)→実容器払出し

充填ライン供給用 ポンプユニット(防爆)

充填ライン供給用
ポンプユニット(防爆)

■充填ライン給液用ポンプユニット(防爆)

 

  • フィルター2基とポンプと加圧タンクを架台に載せ、移動が可能なユニット構造です。
  • 加圧タンクから充填ラインへ一定圧に給液することで、高い充填精度を実現します。

製品配合タンク→ポンプで液送→フィルターエレメント→圧力タンクへ液送→エア加圧→充填部へ一定圧で給液

18L角缶・30L丸缶用 半自動充填機、実缶搬送装置

18L角缶・30L丸缶用
半自動充填機、実缶搬送装置

■18L角缶・30L丸缶用半自動充填機、実缶搬送装置

  • 本機は18L角缶と30L丸缶の2種類の容器に対応しており、高さの段取り替えは、正面のハンドルで行います。
  • 充填された容器をパスボックス内で昇降させ、クリーンルーム外の梱包室に搬送します。

空缶供給(人手)→大充填、小充填→計量完了(管理判定)→パスボックス→実缶容器昇降→実缶搬送

3kg樹脂容器 蓋締機

3kg樹脂容器 蓋締機

■3kg樹脂容器用蓋締機

  • 蓋マガジンに蓋がなくなった場合、蓋切出し部で蓋を吸着する蓋際に負圧センサーにより蓋の有無を検知します。
  • 蓋締めが完了し、容器が払い出される際に蓋締めの高さを検査します。

容器引込み・容器移載→容器位置決め→蓋切出し→蓋締め(プレス)→払い出し(傾斜コンベア)

200Lドラム缶半自動充填機

200Lドラム缶半自動充填機

 

■200Lドラム缶半自動充填機(防爆)

  • 本機の防爆仕様はロードセルは耐圧防爆、センサー類はゼナバリアを経由した本質防爆。制御盤は内圧防爆仕様の構成となります。
  • 盤内圧力が設定圧以下になった際には、直ちに電源が遮断される構造です。

空ドラム缶供給(人手)→大充填→小充填→計量完了(管理判定)→ドリップ受け皿前進→実ドラム払い出し